マイティラインとは

美味しいもの食べて笑顔になろう
こどもにじいろ食堂

    • 2022年03月11日(金)
    • 偉人伝

昨年3月にオープンした、「こどもにじいろ食堂」は精華小学校東側の赤い屋根の平屋の家。

以前は学童保育で使っていたという家を「一目惚れして借りた」と話す中島芳枝さんは「おばあちゃんのうちに帰ってくるように、気軽に立ち寄って欲しい」と毎月第2、4日曜日にボランティアスタッフと80食の弁当を作り子どもたちを迎えます。

「ほんとは、中で食べてもらいながらいろんなお話をしたいのに、今は弁当をお渡しするだけなのが寂しい。私も貧困側だから、困ってる人につい声かけちゃう」と優しく微笑みます。

高校生や大学生がチラシを見たと言って手伝いに来てくれたり、HPを見たと言って県内から食べ物を届けに来てくれる人がいたり、優しさがつながります。「こども食堂の日は、家族みんなで同じお弁当を食べて欲しい。いつも忙しい親さんも笑顔になれる。そんな時間を提供できたらうれしい」と。家の中では子供服や陶器、おもちゃなどフリマコーナーも並びます。気軽にお立ち寄りください。

*3月はまなびパーク1階のママズプラスを間借りして開催します

*寄付金募集中

住所
岐阜県多治見市精華町47-2
開催日
毎月第2、4日曜日
予約・問い合わせ
090-4254-3604
sakurairo8@outlook.jp
*事前予約必要
*電話は18時以降にご連絡ください
料金
子供100円
大人300円